【アラバキロックフェス持ち物リストチェックはこちら】

これからの麺カタコッテリのTOURをしようZeppDiverCity行ってきた

コラム
スポンサーリンク

2019.6/5 マキシマムザホルモンのライブに初めて行ってきた。(フェスは何度か)

このサイトはもともと地元のライブハウスに遠征で来る人たちの役に立てればと思い開設したわけで、ライブのレビューとか書くつもりは全然なかった。

そもそもガチの音楽レビューブログの前に「単にライブハウスに行って音楽聞くのが好き」な自分程度の人間が彼ら以上のレビューなど書けるはずもない。

楽器も全然ひけないし、あんまり意味ないなと思ってて。

それでもレビューを書かずにはいられない!こんなライブはもう無いかもしれない!

ライブが終わって4日も経ってるけど未だに余韻がエライことになっている、稚拙な文章にはなるけど良かったら読んでください。

スポンサーリンク

激しさも楽しさも全部ライブ会場にあった。

ホルモン ライブ 物販

あの曲がこうだったとか、あぁだったとかは書かない。そんなのは他のレビューブログにたくさん書いているだろうし感じた事だけをひたすら書いていく。

1曲目シミが始まった瞬間からもう余裕なんてなかった。

「ホルモンのライブを少しでも目に耳に焼き付けて帰りたい」

と思っていたけど、いざ曲が始まると熱気と興奮でその瞬間瞬間を楽しむ事しかできないし、それ以外に頭が回らない。雰囲気も演奏も観客の熱狂具合も圧倒的だった。

周りの人もみんなそれぞれこの瞬間を本気で味わっていたように思う。目の前にマキシマムザホルモンがいて本気で演奏しているという圧倒的な非日常(そりゃライブなんだからそうなのだけれど)

この非日常を、大声を出して頭を振ってもみくちゃになるこの瞬間をみんなが真剣に楽しんでいるように思えた。バンドも真剣、観客も真剣。

自分が思っていた「ホルモンのライブってこんな感じかな?」っていう予想を余裕で超えてた。

 

きっと一人ひとりの中に「自分だけのホルモン」みたいなのがあって通学中によくきいた曲だとか、しんどい時期によく聞いてた曲だとか、励まされたとかいろいろあるんだと思う。

それは俺の中にもあって、自身の勝手なホルモン像がリアルを前にしたら一気に溢れ出してきてなんか泣けてきた。あの当時この曲聞いてたなとかいろいろ思い出して。

特に鬱くしき人々のうたとか本当にしんどい時によく聞いてた曲で実際に聞いたらもういろいろとあれ。会場にいた人たち、初めてホルモンのライブを見た人たちも同じような感情になったのではと思う。

途中トークを挟んでライブは進んで行くんだけど他のバンドのライブと違うのは雰囲気が圧倒的に親戚の家に遊びにきた感じ…よくわからないかもしれないけど、仲の良い親戚の兄ちゃんちに来た感じがする(リアルにはそんな親戚いないんだけど)

居心地が良いし面白い。2500人で平泉成のモノマネは圧巻だったw

また遊びに行きたいなと心底思えるライブだった。

スポンサーリンク

初めてジブリみた時の感じとにている

これまでもいろいろなバンドのライブに行ってきた。その中で本当に凄いライブもあったんだけど今回のホルモンのライブはマジでやばかった。

冒頭で書いた通り、ライブ終わってからの余韻が半端ない。日に日に強くなっていく。

ふと、これ小さい頃にジブリみたときの感じにそっくりだなって思ったんだよね。

トトロでも魔女の宅急便でも見てる時は本当にその世界の中に自分が居るような感覚になって、もう夢中で画面に釘付けになってた。

で、いざ終わってしまうと「あぁ楽しい時間終わって現実に戻るんだな」っていうなんとも寂しい感覚に毎回なってたんだよね。

面白ければおもしろいほどその現実に戻る時の振り幅が大きくて、小さい頃はジブリ見るたびにそんな感覚になってたんだよ。

俺の場合はこれがジブリ作品だったりするんだけど、人によってはディズニーランドとかなのかもしれない。

今回のホルモンも楽しかったゆえの喪失感というか「終わってしまった」という感じがある。まさか35歳を過ぎて小さい頃の忘れていた感覚が蘇るとは思わなかった。

…と同時にめちゃくちゃうまいメシを食ったあとの満足感というか多幸感みたいなのもある。これもライブ直後より終わってからじわじわ。

麺カタコッテリツアーにかけるわけじゃないけどスープまで飲みきったあとのラーメンを食ったような。

幸せと寂しさが同時にくるみたいな…書いてて気持ち悪いんだけどそんな感じ。

歳を重ねていくとそういう感動にもなんか慣れちゃって、なかなか感動しにくくなるけど、まだまだ自分も捨てたもんじゃないなと。

スポンサーリンク

急にまとめ 余韻を楽しむ

やっぱりうまくまとまらないけど、マキシマムザホルモンを実際に見て想像の遥か上のライブだったし、あの同じ空間を共有した人たちがたくさん居るんだなと思うと嬉しいよね。

最近ロケットニュース24でこんな記事をみかけた。

勝負──。ありきたりではあるが、この日ライブ会場にいた全員が複数の何かと真剣に勝負していた。ホルモンは観客・メンバー・関係者・そしてライブ会場にはいない誰かと。:上記より引用

ホルモンを通して日常、自分、周りの人、環境や仕事などライブ会場には無い何かに思いをはせた人は多いのかもしれない。

そんで、これからそんなライブを共有できる人たちは更に増えて行くんだろな。嬉しいよね。

全然まとまらないんだけど殴り書きで書いた。とにかくマキシマムザホルモンを前にしてはその瞬間を楽しむだけ!

圧倒的にうまいラーメンを前に「この調味料を使っている」とか「隠し味はこれだ」とか妙な詮索は無用。がっついて全力で味わうのみ!ホルモンのライブもまさにコレだと思うよ。

これからしばらくは当日の自分の記憶と、SNSやブログのライブ記事との記憶のすり合わせという幸せな作業をする

「あぁーそういえばそんなこと言ってたな」とか「この曲もやったな」とかこのあり余る余韻を幸せに消化する予定。

ホルモンは行きたい時に行けるようなバンドじゃないのはみんなも知っている通り。

だからこそライブにいった人はその瞬間を全力で楽しんでほしいし、そのあとに来る余韻もまた楽しい。ありきたりな表現だけどやっぱりライブは良い。

ホルモンだけじゃなくみんながこれから忘れなれないようなライブにたくさん出会えると良いよね。自分は今回のライブは忘れなれないライブになったわけで。

この先もみんながそんなライブに出会えるほんのちょっとのお手伝いができれば良いなぁと思います。それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました